わたひち

わたひち通信

新生活のための「羽毛布団」選び

2020.02.09  

 

丈一朗

 

2月に入り、この冬、1番の冷え込みです。

「今年はこのまま春を迎えるのかな…」と思っていたのですが、やっと冬らしい寒さになってきました。

 

 

わたひちでは2月8日から「寝(新)生活の必需品フェア」を開催しています。

 

進学、就職、ご結婚、住居の新築やリフォームなど、新しい生活を目前とする皆様へ。

 

一日の中でとりわけ長い時間を有する眠りの時間。

眠りが変われば、暮らしが変わります。

 

わたひちでお布団を真剣に選んでみませんか?

 

 

 

【寝生活の必需品フェア】

〜ご結婚・新築・就職・進学 新しい暮らしのお手伝い〜

 

開催日:2020年2月8日(土)〜2月16日(日)

時 間:am10:00〜pm7:00

 

 

2月8日(土)にチラシも折込みしました。

新聞を購読されていない方の為にチラシの内容もご紹介します。

 

 

まずは羽毛ふとんです。

羽毛ふとんといっても、世の中にはさまざまな羽毛ふとんが存在し、さまざまなメーカーでそれぞれのこだわりを持った羽毛ふとんで溢れています。

 

 

そんな多種多様の商品の中から、

 

どれが本当にいい羽毛布団なのか?

 

自分に合っているものはどんな羽毛布団なのか?

 

何を基準に選んだらいいのか?

 

など迷われている方も多いと思います。

 

 

 

わたひちでは羽毛の診断士の資格を持ったスリープマスターが、親切丁寧にわかりやすく羽毛布団のご紹介をいたします。

 

 

わたひちがセレクトしている羽毛布団は、国内トップシェアを誇るメーカー西川製

 

その中でも、西川チェーン専門店でしか扱うことが出来ないこだわりたっぷりの羽毛布団です。

 

色・柄・サイズ、全約60種類もの中からお選び頂くことが出来ます。

 

羽毛ふとん選び 6つのポイント

 

この6つのポイントをおさえていただければ羽毛布団選びに失敗することはないはず。

 

ぜひご参考にしてください。

 

 

 ダウンの種類とダウン率をしっかりと確認する

ダックはアヒル、グースはガチョウの毛をさします。

 

ダックよりもグースの方がダウンと言われる毛玉が大きく、それによりふっくらと羽毛布団がふくらみます。

ふくらむということは、それだけ空気層をたっぷり含み、あったかいということになります。

 

そして、ダックよりもグースの方が油脂分が少ないため、羽毛特有の臭いも少ないのです。

 

さらに、グースの親鳥である「マザーグース」に関しては、親鳥になるまで手塩に掛けてしっかりと育て上げただけあってダウンがとても成熟し、弾力性も充分な超上質羽毛になります。

 

選ぶとしたら断然「グース」

欲を言えば「マザーグース」です。

 

 

 

 

 片寄らない「キルト」であったか長持ち!

 

 

キルトとは「布団の縫い目」のことを言います。

 

片寄らないキルトを選べば、ダウンが定位置に保たれそれによって生み出される保温力が損なわれません。

 

 

 

 

また、ダウンは移動することで傷んでしまうのでこの片寄り防止の工夫が施されているキルトは羽毛の長持ちにも重要なポイントになってくるのです。

 

 

 

 布団生地がやわらかいものを選ぶ

 

 

意外と見落としがちなのが羽毛布団の生地の重要性です。

やわらかな生地ほど身体にフィットして隙間を少なくするのであたたかな空気を逃がしにくくしてくれます。

 

また、ダウンは非常に繊細なため糸の太い硬めの生地の場合、ダウンの膨らもうとする力を押さえつけてしまいます。

先ほどもお話しましたが、よく膨らんだ羽毛布団ほど空気層をたっぷり含み、軽くて暖かい布団になります。

 

お店でしっかりと寝比べて寝心地とあたたかさを体感してみてください。

 

 

 

 冬の羽毛布団の重量は中身だけで1.2kg(シングル)

ごまかし表示にご注意!

 

羽毛布団のあたたかさはダウンの量が大きく関係してきます。

布団の総重量ではなく、ダウンの重量をしっかりと確認してください。

※一般的な冬用羽毛布団のダウンの量は1.2kgです。

 

 

 

 お部屋の環境や体質に合わせて

最適な厚さを選ぶ

 

 

基本的に冬用の羽毛布団のダウンの量は1.2kgです。

ですが最近、「冬用の羽毛布団では熱過ぎる」というお客様が少々目立ちます。

確かに近年では住居の気密性が高くなったり、空調設備をされていたりとそこまで暖かさを必要としない方もいるかと思います。

 

また、体質的に暑がりであったり寒がりであったり人それぞれ体感温度も異なります。

 

わたひちでは様々な寝室環境やその方の体質に合わせ、羽毛布団の厚さもご提案させていただいております。

お気軽に羽毛ふとんのご相談をしてください。

 

 

 

 体格にあったぴったりサイズの

ふとんを選ぶ

 

 

 

一人で寝るならシングルサイズ。二人ならダブルサイズ。

と単純に考えがちですが、「羽毛布団のサイズ選び」も快適な睡眠の為には妥協してはいけないポイントです。

 

 

 

以前のブログで「羽毛布団のサイズ選び」について細かく書いているのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

以上、「失敗しない羽毛ふとん選び」のこれだけはおさえておきたいポイントになります。

 

 

ぜひ、わたひちの店内で実際に羽毛布団を掛け比べて体感してみてください。

 

 

ご予算もあると思います。

用途とご予算に応じて様々な羽毛ふとんをご用意しております。

 

 

 

 

 

 

 

 




愛知県碧南市の寝具専門店
ぐっすり快眠 FUTON わたひち



「ねむりの相談所」東海地区第1号店

 

 

 

【ご利用頂いているお客様の主な地域】
碧南市、高浜市、安城市、西尾市、刈谷市、知立市、半田市、常滑市、岡崎市、豊田市、大府市、名古屋

 

 

 

 

ぐっすり快眠 FUTON わたひち
〒447-0058 愛知県碧南市住吉町2-56-8
TEL:0120-41-0206
営業時間 am10:00-pm7:00
火曜日定休
  • Facebook
  • twitter
  • 来店予約
  • instagram
Copyright (C) WATAHICHI All Rights Reserved.
PAGE TOP