わたひち

お知らせ

羽毛布団リフォーム工場に行ってきました!

2019.03.21  

 

工場見学レポート

 

「羽毛布団のリフォーム工場」に行ってきました。

  

 

3月某日、いつもお世話になっている「羽毛布団のリフォーム工場」に見学に行ってきました。

 

工場はこちら。

山梨県の北杜市にある、白州工場です。

 

「白州」と聞くと、サントリーの白州蒸留所を思い出す方も多いのではないでしょうか。

 

 

ウイスキーはもちろん、「南アルプスの天然水」も、ここ白州の水なんです!

町内を流れる尾白川(おじらがわ)は名水100選にも指定されているんですよ。

 

このように「白州」は水がとっても綺麗なところです。

 

この豊かな白州の水を使った羽毛布団のリフォームを、たっぷりとご紹介しようと思います。

 

 

 

 「羽毛布団のリフォーム」とは?

 

羽毛布団の「打ち直し」「仕立て直し」と呼ばれることもあります。

 

 

お客様の布団を解体して、羽毛を取り出し 、 洗浄・乾燥し、その後、足りない羽毛を足して、新しい側生地で仕立て直しをすることです。

 

 

わたひちに、羽毛布団をお持ちください。

 

その場で、無料見積もりします。

 

●側生地に穴があいて、羽毛が吹き出している

●羽毛布団のボリュームがなくなってきた

●羽毛が片寄っている

●側生地が汚れたり、傷んできた

●羽毛布団を買ってから10年以上経っている

●布団のサイズを変更したい

 

 

年中受け付けています。

お気軽にご相談ください!

 

 

羽毛布団リフォームの手順

 

 羽毛の取り出しと軽量

 

 

▲わたひちから白州の工場に送られたお客様の羽毛布団は、1点1点「個別表」が付けられ、他の羽毛布団と混ざらないように管理されます。

 

次に羽毛布団から羽毛を取り出します。

 

▲布団の側生地を裂いて、機械で羽毛を吸引しているところ。

すごい吸引力とプロの技!

大事な羽毛を残すことなく吸い込んでいきます。

 

 

 

 2回の除塵(じょじん)

 

▲除塵(じょじん)とは、チリを取り除くこと。

 

老朽化して細かくなってしまった羽毛や、羽毛に付着したホコリなどを取り除いていきます。

 

2回機械を通して、ていねいに除塵(じょじん)していきます。

 

この作業で取り除かれるチリやホコリは、平均して小瓶1つ分だそう。

羽毛が細かくなったものもあれば、砂のような細かなゴミも。

両手の平に、山盛りになるくらいの量です!

これがなくなるだけでも、スッキリしそうですね。

 

 

 

 南アルプスの天然水で洗浄

 

 

白州の天然水は、粒子がとても細かく、自然洗浄力がとても強い水です。

そのため、洗剤は使わずに、汚れを落とすことができます。

 

40℃に温めた天然水をふんだんに使って、羽毛の汚れを完璧に洗浄します。

 

▲洗いあがった羽毛。

白さが戻り、スッキリ!嫌な臭いもありませんでした。

 

 

 

 ふっくら乾燥

 

脱水した羽毛を、130度の高温で一気に乾燥させます。

 

▲はじめは湿っていた羽毛も…

 

▲こんなにふっくら!!

 

高温で乾燥させることにより、除菌・ダニの除去も同時に行います。

 

 

 

 羽毛を袋詰め

 

 

乾燥させた羽毛がこちら!

 

 

やさしく袋詰めされ、次の工程に運ばれます。

 

 

 

新しい側生地に充填(じゅうてん)

 

ホースを新しい布団生地に差し込み、羽毛を吹き込んでいきます。

 

生地にホースを通して…

 

 

おっ!膨らんできました!

 

 

わあ!

ふっくら、気持ち良さそうな羽毛布団に!!

 

羽毛の吹き込み量は機械で1マスごとに管理されていて、場所によって片寄りがない羽毛布団ができあがります。

 

 

 

 完成検査・出荷

 

▲完成した羽毛布団は、金属探知機で針や危険物の混入がないかチェックされます。

 

 

仕上がりの布団のかさを測り、ていねいに梱包され、わたひちに帰ってきます。

 

 

 

わたひちの「羽毛布団リフォーム」

 おすすめポイント

 

いろんなお店で「羽毛布団のリフォーム」は扱っているけど、違いってあるの?

 

羽毛の洗い方が違う!だから仕上がりふっくら。

 

羽毛の洗い方に「丸洗い」と「本洗い」という違いがあります。

 

「丸洗い」

布団のまま、生地ごと丸洗いする方法。

 

一見、良いように思えますが…

羽毛布団の生地は、もともと目が細かく、水が内部まで入りにくいので、戦場に必要な水が内部まで浸透できずしっかりと洗うことができません。

 

 

 

「本洗い」

生地から羽毛を取り出し、中身の羽毛だけを洗います。

 

たっぷりの水の中で羽毛はゆったりと洗われます。

羽毛を傷めることなく、汚れもしっかり落ちるので、仕上がりもふっくら!

 

手間がかかるけれど、ふっくら仕上がる「本洗い」をわたひちは採用しています。

 

 

 

 完全な個別管理

 

お客様からお預かりした羽毛布団は、お客様ごとのコード番号により、厳しく個別管理されています。

他のお客様の羽毛布団の中身と混ざることは、絶対にありません!

 

 

ふわふわ舞い飛ぶ羽毛を扱う工場ですから、ホコリっぽいかと思っていましたが…

しっかり整頓された、クリーンな工場だったのが、とても印象的です。

 

 

 

さいごに…

 

白州リフォーム工場の立地は、標高656mの自然豊かなところ。

 

 

山の天気は変わりやすく…

 

到着した時は快晴でしたが

 

見学中には、山の方が曇り(吹雪)はじめ…

 

帰る頃には、吹雪に!!

 

この雪や雨が山々に磨かれ、30年ほどの年月をかけて、羽毛を洗う水になるんだそうです。

ありがたいですね。

 

 

最後に、今シーズン限定の特別リフォーム生地と一緒に。

 

 

柔らかで軽く、羽毛の弾力を発揮してくれるおすすめ生地です。

数量限定です!ぜひお店でご覧ください。

 

 

 

お使いの羽毛布団。

しまう前にチェックしてみてください。

 

□ 側生地に穴があいて、羽毛が吹き出している

□ 羽毛布団のボリュームがなくなってきた

□ 羽毛が片寄っている

□ 側生地が汚れたり、傷んできた

□ 羽毛布団を買ってから10年以上経っている

□ 布団のサイズを変更したい

 

1つでも当てはまったら、わたひちにご相談ください。

無料でお見積もりします。

 

▼羽毛布団のリフォーム 詳しくはこちら

 

 

TEL:0120-41-0206

   10:00〜19:00(火曜定休)

 

\ 24時間受付しています /

 

 

 

 

 

 

 

わたひちは「ねむりの相談所」東海地区 第1号店です。

 

    \ 詳しくはこちら /

       

 

 

 


 

 

 

愛知県碧南市の寝具専門店

ぐっすり快眠 FUTON わたひち

 

 

【ご利用頂いているお客様の主な地域】

碧南市、高浜市、安城市、西尾市、刈谷市、知立市、半田市、常滑市、岡崎市、豊田市、大府市、名古屋

 

 

ぐっすり快眠 FUTON わたひち
〒447-0058 愛知県碧南市住吉町2-56-8
TEL:0120-41-0206
営業時間 am10:00-pm7:00
火曜日定休
  • Facebook
  • twitter
  • 来店予約
  • instagram
Copyright (C) WATAHICHI All Rights Reserved.
PAGE TOP
  • 電話をかける
  • 来店予約