わたひち

眠りのアイデア帖

わたひち流!羽毛布団のしまい方

2019.06.05  

 

早いものでもう6月。

そろそろ、冬用の羽毛布団を収納したい時期ですね。

 

羽毛布団には「正しいしまい方」があるのをご存知ですか?

今回は布団のプロがオススメする、布団の収納方法についてご紹介します。

 

 羽毛布団はしまわなきゃいけないの?

 

そもそも、羽毛布団は必ずしまわないといけないのでしょうか?

●1年中使っている

●部屋に出しっぱなし…

 

そんな声をお店でも耳にします。

皆さんはいかがでしょうか?

 

布団屋としては、

(使わない時期)は正しく収納して、羽毛布団を休ませてあげてください!

とお願いしたいのです。

 

夏場に冬用の羽毛布団を使うと、季節に合わず暑いので、汗で羽毛布団が汚れたり湿ったり…

また、暑さで布団を蹴飛ばしたり、抱きついたりと雑に扱ってしまう機会が増えてしまいます。

そうすると羽毛が傷んでしまい、布団の寿命を縮めてしまいます。

 

部屋に出しっぱなしにしても、邪魔になることが多いため、布団の上に物を置いたり座ってしまったりと、羽毛布団にダメージを与える機会が増えてしまいます。

また、出しっぱなしにすることで、生地の劣化を早めてしまうこともあります。

 

羽毛布団をクッションにできる収納用品も販売されていますが、私たち布団屋としては正直、悲鳴ものです涙。

 

まずは、冬用の羽毛布団はシーズンオフにはしまうこと!

寝具も衣替えすることで、爽やかに眠ることができますよ。

 

 

  わたひち流「除菌してからしまう!」

 

●羽毛布団をしまう前に…

●布団の雑菌や、ウイルスが気になる方に

 

羽毛布団の除菌・消臭がおすすめです。

 

寝具の雑菌や臭いを効果的に取り除く、わたひちの大人気サービスです。

 

 羽毛布団を長期間しまう前に

冬のあいだ、毎日使った羽毛ふとんは、汗や皮脂による雑菌がいっぱいです。

そのまま押し入れに長期間しまうと、どんどん菌が繁殖して臭いや傷みの原因に。

 

ふとんを収納する前に除菌すれば、次に使うときもスッキリ!長持ちします。

※ふとんは5年に1回丸洗い、その他の年には除菌をするのがおすすめです。

 

 

 布団の菌やウイルスが気になるときに

 

インフルエンザや体調不良で長い時間を布団の中で過ごしたあと、「布団の雑菌」が気になりますよね。

わたひちの除菌消臭でスッキリ分解します。

 

 臭いが気になるときに

 

布団の臭いが気になるときにもオススメです。

汗や皮脂による臭いも分解します。

 

 

除菌消臭のご利用方法

 

羽毛布団をわたひちにお持ちください。

お預かりから、最短30分で除菌・消臭が完了します。

 

 

 

病院や救急車にも採用されている

安全で効果的なシステムを採用しています!

 

 

無色・微臭の薬液(亜塩素酸ソーダ)をドライガス化する機器で、布団の除菌・消臭をしています。

人体には無害で、早く、安全に除菌・消臭を行えるため、病院や救急車にも使われています。


インフルエンザウイルス、結核菌、O-157、サルモネラ菌などの除菌にも効果があるともいわれています。

 

 

 

 

 

▼「除菌・消臭」について詳しくはこちら

 

 

\ お問い合わせはこちら /

 

 

  5年に1回は丸洗いがオススメ!

 

羽毛布団の丸洗いは5年に1回がおすすめです


 

 

 5年使ったら丸洗いしましょう

 

 

冬場は毎日使う羽毛布団。

カバーは掛けていても、布団本体も汚れています。

 

体から出る汗や皮脂などで、見えない中身の羽毛も黄ばみやベタつきが起こっています。

また、布団生地に付着した皮脂をそのままにしておくと、黄ばみになるだけでなく、生地が裂けやすくなる原因に。

 

毎年洗うと羽毛を傷めてしまうので、5年に一回、汗っかきの方は4年くらいを目安に丸洗いしましょう。

 

 

 

 コインランドリーは避けましょう

 

 

コインランドリーで「羽毛布団洗えます」という表示をよく見かけますが、布団のプロとしてはおすすめしません。

 

洗濯槽、乾燥機には入るかもしれません。

 

でもコインランドリーは羽毛布団の状態を確認して、丁寧に洗ってくれますか?

 

決して安くはない羽毛布団を、機械任せで洗うのはおすすめしません。

 

中の羽毛は必ず傷み、ボリュームがなくなります。

 

また、羽毛布団はみなさんの想像以上に乾きにくいです。

完全に乾かずに使い始めると、湿った部分にカビが生えてしまい、体にも悪影響です。

 

そして、「意外と安くない」ということ。

 

羽毛布団の生地は目がとても詰まっていて、中身までなかなか水が入っていきません。

中まで水が入り、しっかり洗う。

しっかり中まで乾かす…

 

2,500円ほどかかるかもしれません。

そして手間と時間も消費します。

 

わたひちの羽毛布団丸洗いは、シングルサイズで3,500円+税。

 

「優しく洗って、ふんわり乾かす」

プロの丸洗いをぜひご利用ください。

 

 

▼わたひちの「プロの丸洗い」詳しくはこちら

 

\ お問い合わせはこちら /

 

 

 

  除菌消臭、丸洗いの後のしまい方

 

羽毛布団の除菌消臭、または丸洗いができたら押し入れやクローゼットにしまっていきます。

 

除菌消臭ができなかった場合は、一度干して布団の湿気を飛ばします。

 

それから、通気性の良い袋や、シーツなどの大きな布にたたんで収納します。

羽毛布団を購入した時のバッグは捨てずに、収納のためにとっておきましょう。

 


押入れの中の湿気にも気を配ると、なお良いです。

湿気のある場合は、除湿剤を使ったりスノコを敷いたりと工夫しましょう。

 

 

 布団圧縮はダメ、ゼッタイ!!

 

押入れやクローゼットのスペースを有効活用したい!

と、ついついやってしまいそうな「布団圧縮」

 

これは羽毛布団に対して、一番やってはいけないことなんです。

 

 

お引越しの時など、短時間の圧縮ならギリギリOKですが…

長期間圧縮すると、羽毛布団のふくらみは戻りません!

 

少しでもボリュームを小さくしたい時は、シーツなどの大きな布でギュッと包める、最小の大きさまでなら圧縮OKです。

 

布団袋をお持ちでない方は、わたひちでも販売しているのでぜひご利用ください。

 羽毛布団用バッグ(シングル〜クイーンサイズ対応) 650円+税

 

 

 

 羽毛布団は1番上に!

 

押入れには色々と詰め込みたくなりますが…

 

「重いものは下に。軽いものは上に。」

 

羽毛布団は軽いので、できるだけ一番上に。

枕も意外と重たいです。

羽毛布団の上には何も置かないように心がけて収納しましょう。

 

 

 

 ささいなこともご相談ください! 

 

羽毛布団のお手入れで気になることがあったら、お気軽にご相談ください。

当店で買われた羽毛布団でなくても、メンテナンスいたします。

 

大切な羽毛布団。

上手にお手入れして、心地よく使いましょう!

 

お電話のお問い合わせはこちら

☎︎ 0120-41-0206

10:00〜19:00(火曜定休)

 

 

\ 24時間OK! お問い合わせはこちら /

 

 

 

 

 

愛知県碧南市の寝具専門店

ぐっすり快眠 FUTON わたひち

 

 

 

「ねむりの相談所」東海地区第1号店

 

 

 

 

【ご利用頂いているお客様の主な地域】

碧南市、高浜市、安城市、西尾市、刈谷市、知立市、半田市、常滑市、岡崎市、豊田市、大府市、名古屋

 

ぐっすり快眠 FUTON わたひち
〒447-0058 愛知県碧南市住吉町2-56-8
TEL:0120-41-0206
営業時間 am10:00-pm7:00
火曜日定休
  • Facebook
  • twitter
  • 来店予約
  • instagram
Copyright (C) WATAHICHI All Rights Reserved.
PAGE TOP