わたひち

わたひち通信

朝の「スッキリ」お目覚めアイデア

2018.11.11  

 

 スッキリ目覚めていますか?

 

朝、目覚まし時計を止めてもなかなか起き上がれない…

子供がなかなか起きてくれない…

いつまでも眠気が覚めず、ボーっとして午前中過ごしてしまう…

 

そんな経験ありませんか?

 

今回は、そんな方に必見!

朝、スッキリ爽やかに目覚めるコツをご案内します。

 

 

 なぜ、朝は眠いのか?

 

そもそも、なぜ朝は眠たいのでしょうか?

それには「眠りのリズム」に関係してきます。

 

以下は、眠りのリズムをグラフに表したものです。

 

横軸が時間の経過。縦軸が下に下がるほど眠りが深くなっていきます。

人は眠りにつくと、「浅い眠り」「深い眠り」を約90分単位で繰り返します。

 

 

「深い眠り」の時には、体も脳も深く眠っている状態。

「浅い眠り」の時には、体は休んでいるけど、脳は活動している状態です。

 

 

「浅い眠り」の時に目覚まし時計が鳴れば、脳は活性しているため、目覚めやすくなります。

反対に「深い眠り」の時に目覚めてしまうと、脳は休んでいる状態から活動を起こさないといけないため、スッキリしないことがあります。

 

そのほかに、質の高い眠りが取れているとすぐに目覚めがスッキリしてきます。

 

 眠たくてもスッキリ起きる5つの方法

 

 気持ちよく「伸び」をする

 

まず目が覚めたら、布団の中で思いっきり気持ちよく「伸び」をしてみましょう。

 

 

目覚めの「伸び」は、とても簡単なのに、効果抜群なストレッチです。

眠っているあいだ、同じ体勢が長く続き、筋肉が凝っています。

「伸び」をすることで筋肉をほぐして目覚めさせ、脳にも「起きる時間!」と知らせることができます。

 

また、睡眠中は血液の流れが緩くなり、心拍数も下がっています。

「伸び」をすることで血流も巡らせることができます。

 

朝に、ストレッチやヨガをすることも効果的ですが、まずは簡単に。

布団の中で、仰向けのままでも、犬や猫のようにうつ伏せでも構いません。

気持ちよく「伸び」をしてみましょう!

 

 

 太陽の光を浴びる

 

伸びができたら、思い切って布団から出ましょう。

そして、真っ先にしてもらいたいことは、

「カーテンを開ける」

ということです。

 

 

私たちの体には、

太陽が昇ると活動し、太陽が沈むと眠る

というリズムが組み込まれています。

 

朝日を浴びることで脳や体は、休息モードから活動モードにセットされ、スッキリ目覚めることかできます。

 

 

 朝起きたらすぐにカーテンを開けましょう!

 

朝起きてまず1番にお部屋のカーテンを開けて、太陽の光を浴びましょう。

曇りの日の光でも、十分効果があります。

 

冬季の朝や、早朝で外がまだ暗いうちに起きなければいけない時には、お部屋の電気をつけることで代用できます。

 

朝なかなか起きてくれないお子様には、大声で叫ぶよりも、黙って部屋を明るくする方が効果的ですよ。

 

 

 

 スッキリ系の香りを使う

 

次に、香りで脳を目覚めさせましょう!

 

たかが「香り」と侮ってはいけません。

嗅覚は素早く脳に届く神経です。

 

朝に使っていただきたいのは「スッキリ」系の香り。

 

●レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系の香り

●ローズマリー、ミント、ユーカリなどのハーブ系の香り

が覚醒を促す代表的な香りです。

 

 

アロマオイルを使ったり、スプレーになっているものを使ったり、楽しみながらお使いください。

 

わたひちではさまざまなアロマオイルを取り揃えています。

 

 

心地よい眠気を誘う「リラックス」系の香りや、目覚めにオススメの「スッキリ」系の香り、仕事やお勉強の集中力をアップさせる香りなど、ぜひ店頭でお試しください。

 

スタッフの中にアロマテラピーアドバイザーもおります。

使い方や香りの特徴も詳しくご案内します。

 

 

 しっかり朝食をとりましょう!

 

体を目覚めさせるのに「朝食」も欠かせません。

朝食を取ることで、脳だけでなく胃腸も目覚めるのでスッキリします。

眠っているあいだ休んでいた胃腸が、朝食を摂ることで動き出すのです。

 

▲余裕のある時間に起きて、朝食を摂りましょう!

 

朝食を摂らないと、胃腸もしばらく目覚めることができないので、便秘の原因になったり体内時計のズレにもつながります。

時間がないときは、シリアルやグラノーラ、バナナなど手軽なものでも構いません。

 

朝食を摂る習慣を身につけましょう!

 

 

 熱めのシャワーか、熱めの短時間入浴でスッキリ!

 

それでもボーッとしてしまうなら、「熱め」の入浴がおすすめ。

 

 

40℃以上の少々熱めのお湯は「交感神経」を刺激して脳をスッキリさせます。

 

長時間は体に疲労を与えてしまうので、

「熱めのお湯を短時間」

がポイントです。

 

反対にぬるめのお湯は、リラックスに向かう「副交感神経」を刺激するので、寝る前がおすすめ。

 

朝の短時間シャワーが、きっと目覚めをスッキリさせてくれるはずです!

 

 

 習慣にすることと ……気合!

 

健やかな朝を迎えるために、やっぱり大切なことは、

規則正しい生活。

 

夜更かしをしていては、どんなに頑張っても眠気は飛んでいきません。

できれば「眠る時間」「起きる時間」を習慣化していけば、起きるのが困難ではなくなってきます。

 

 

あとは、気合!(笑)

「えいっ!」と布団から出て、ご紹介した方法をぜひお試しください。

 

 

 

 

愛知県碧南市の寝具専門店

ぐっすり快眠 FUTON わたひち

 

 

「ねむりの相談所」東海地区第1号店

 

 

【ご利用頂いているお客様の主な地域】

碧南市、高浜市、安城市、西尾市、刈谷市、知立市、半田市、常滑市、岡崎市、豊田市、大府市、名古屋

 

 

有限会社 綿七
〒447-0058 愛知県碧南市住吉町2-56-8
TEL:0120-41-0206
営業時間 am10:00-pm7:00
火曜日定休
  • Facebook
  • twitter
  • 来店予約
  • instagram
Copyright (C) WATAHICHI All Rights Reserved.
PAGE TOP
  • 電話をかける
  • 来店予約