わたひち

わたひち通信

眠り上手の「枕」選び【高さ編】

2018.11.09  

 

 今の枕に満足していますか?

 

肩がこる、体が痛くて目が冷めてしまう、

いびきをかいてしまう、ぐっすり眠った気がしない、

寝つきが悪い…

 

もしかしたら枕が原因かも?

こちらでは、正しい枕の選び方をご紹介します。

 

 

枕の役割とは?

 

まずは枕がなぜ必要なのか、おさらいです。

体に負担なく楽に眠れる姿勢は、

 

「立った時の姿勢を、横になった時もそのままキープした状態」。

 

 

  

 

 

枕に関して言えば、頭から肩にかけて、

 

体と敷き寝具との間にできた隙間を優しく埋めてあげる

 

ことが枕の役割です。

 

枕が無いと、首が浮いた状態です。

 

寝ている間にずっと力が入ってしまい、休まらないうえに、負担もかかり続け、肩こりや頭痛の原因になることも。

 

体型や骨格は一人ひとり違うもの。

  

 

体型の違う私たちが使うのですから、枕も一人ひとりの体に合わせなければいけません。

 

 

「枕に体を合わせる」にではなく、これからは…

 

枕を体に合わせていきましょう!

 

 

 

 良い枕のポイント

 

●首をしっかり支えるもの

●後頭部にフィットするもの

●仰向き寝・横向き寝どちらにも対応するもの

●寝返りしてもゆったり眠れるよう、十分な横幅があるもの

●高さ調節ができるもの

 

 

  快眠の第一歩は「正しい高さ」から

 

 

枕の高さは、人それぞれの体型によって違います。

また、「仰向き寝」と「横向き寝」という寝方によっても必要な高さが変わります。

 

「私はずっと仰向きで寝ている」

とおっしゃる方もいますが…

 

寝ている間に、人は必ず寝返りをうちます。

「仰向き寝」と「横向き寝」の両方が、正しい姿勢で寝られるように枕を合わせていきましょう。

 

 

 仰向き寝・横向き寝両方に対応する枕

 

わたひちのオーダー枕は、ゆったりサイズの「横幅70㎝」

大きいように見えますが、寝返りしても頭が枕から落ちない、頭3つ分の幅なのです。

 

そして、仰向き寝と横向き寝、どちらの高さもしっかり合わせることができる大きさです。

 

 

枕の中央で仰向き寝、左右の両サイドの部分で右・左それぞれに横向き寝をして使います。

 

▲仰向き寝と横向き寝、それぞれに必要な高さが違うので、それぞれに高さ調節ができるのが良い枕。頭3つ分のサイズがあることもポイント。

 

小さい枕では、寝返りが窮屈になり、ゆったりと眠ることができません。

特に横向き寝の多い方は、ワイドサイズの枕を1度お試しください。

ゆったり眠れる広さに、きっと驚かれるはず。

 

 

  枕の「正しい高さ」をチェック!

 

 

それでは、正しい枕の高さを実際に見ていきましょう。

まずは仰向き寝から。

 

 「仰向き寝」の正しい高さをチェック!

 

正しい仰向き寝の高さは、

「立った時の姿勢を、横になった時もそのままキープした状態」。

 

 

●首のカーブを隙間なく、優しく支えていること。

●後頭部の丸みにフィットしていること。

 

も正しい仰向き寝の高さのポイントです。

 

 

 

高すぎる枕では首から肩口にかけて一晩中力が入ってしまい、疲れが取れないうえに頭痛や肩こりの原因になることも。

 

 

 

また、低すぎる枕は首の下の隙間を埋めることができないため、首を休めることができません。

低い枕が合う方ももちろんいらっしゃいますが、首のカーブはしっかり押さえておきたいポイントです。

 

後頭部が下がりすぎると、寝ている間に口が開いてしまい「イビキ」の原因にもなります。

 

 

ほんの少しの高さの違いですが、侮るなかれ。

その違いはお店でぜひ、体験してください!

 

 

 「横向き寝」正しい高さをチェック!

 

改めて、わたひちの枕は

枕の中心部で仰向き寝

枕の左右のサイドで横向き寝

をして使います。

 

  

 

 

横向き寝に必要な高さは「肩幅」がポイントです。

「肩幅」に近い高さを、横向き寝に使う左右のサイドに作っていきます。

 

 

 

仰向き寝と同じように、目指すのは…

「立った時の姿勢を、横になった時もそのままキープした状態」。

 

 

背骨から、首、頭が一直線になっているのが理想です。

 

 

 

 

 

横向き寝をした時、

枕の下に腕や手を入れたことありませんか?

 

 

それは、高さが足りていないからかも?

 

頭は体重の約8%ととても重たい部分です。

枕の高さが足りないと、腕がしびれたり、痛くなったりの原因になります。

 

 

  枕の高さは “必ず” 変わります!

  定期的な高さ調節で、いつでも快適に。

 

これまで、正しい枕の「高さ」をご案内してきました。

わたひちでは、お客様の体型や敷き寝具の硬さに合わせて、オーダー枕をお作りしています。

 

それでも忘れてはいけないのが、

枕の高さは、必ず合わなくなります!

ということ。

 

できれば、1年に1回

または2年に1回、わたひちに枕をお持ちいただければ、無料で高さ調節いたします。

 

 

そのほか、こんなときにも無料調節をご利用ください。

 

●目覚めた時に、首や肩、腕などが痛むとき

●大幅に「太った」「痩せた」とき

●敷き寝具を変えたとき

●よく眠れなくなったとき

●メンテナンスのご案内が届いたとき

 

 

些細なことでもかまいません。

ご相談ください。

 

もう一度測定をして、ていねいに再調整します。

 

 

最近は枕に関する情報が溢れています。

 

大切なのは、

自分の体に合わせること。

お客様の変化に合わせて、調整をしていくこと。

 

お店でお試しをして、本当に心地よい枕を手に入れましょう!

 

 

 次回は「素材」選びについてご案内します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛知県碧南市の寝具専門店

ぐっすり快眠 FUTON わたひち

 

 

 

「ねむりの相談所」東海地区第1号店

 

 

 

 

 

 

 

【ご利用頂いているお客様の主な地域】

碧南市、高浜市、安城市、西尾市、刈谷市、知立市、半田市、常滑市、岡崎市、豊田市、大府市、名古屋

 

 

 

 

 

有限会社 綿七
〒447-0058 愛知県碧南市住吉町2-56-8
TEL:0120-41-0206
営業時間 am10:00-pm7:00
火曜日定休
  • Facebook
  • twitter
  • 来店予約
  • instagram
Copyright (C) WATAHICHI All Rights Reserved.
PAGE TOP
  • 電話をかける
  • 来店予約