わたひち

わたひち通信

大切な思い出の羽毛布団は捨てずにリフォーム

2018.07.29  

何かと不安の多い羽毛布団のリフォーム。

 

私の羽毛布団で作り直しできるの?

どんな布団ができるの? 

いくらかかるの? 

納期は? 

 

 

お店にもたくさんのお問い合わせを頂いています。

そんなリフォームの流れを、お客様の羽毛布団とともにお見せします!

 

 

高浜市 I様 の羽毛布団リフォーム事例

 

シングルサイズの羽毛布団2枚から

シングル冬用羽毛布団 1枚と、

ダウンケット1枚にリフォーム

 

お預かり:6月中旬

 

ご使用状況:2枚とも20年前に当店でご購入。

      東京西川の羽毛布団。

      ご夫婦でそれぞれ毎年ご使用。

 

ご相談内容:昨年ご主人が亡くなられた。

      2枚の羽毛布団を1枚に作り直しできないか。

      思い出の布団なので捨てずに使いたい。

 

 

お持ち込みの羽毛布団はこちら。

ブルーをご主人様が、レッドを奥様が使われていました。

並べてみると2枚のボリュームに違いは無いように見えます。

 

さすが、東京西川の羽毛布団!

20年使ったとは思えないボリュームを残しています。

(通常10年がお買い替え、リフォームの目安です)

 

もっとじっくり布団を見てみましょう。

⇧ご主人が使っていた羽毛布団です。

エリ元の生地が汗や皮脂汚れでパリパリに劣化し、

生地が破れて中からダウンが吹き出していました。

 

一方、奥様の羽毛布団の生地は破れなどのない状態でした。

 

このような事はよくあること。

男性はどうしても皮脂汚れやヒゲの摩擦などで女性より布団が傷みやすく、ご夫婦同じ様に使っていても、ご主人の布団の方が早く買い替えの時期が来たりします。

 

この穴から吹き出してしまったダウンの量は幸少量で、

リフォームするのに影響が少ない程度でした。

 

 

続いて、中身のダウンの状態をチェックしました。

もともと良い羽毛布団だったようで、とても大きなダウンボールが入っていました。(ダウンボールが大きいと布団がよく膨らみ、温かさがアップします)

 

しかし、20年使った羽毛布団です。

ご主人と奥様の羽毛布団 両方に「玉ダウン」が目立ちました。

 

この「玉ダウン」は複数のダウンが絡まり玉状になった物。

布団を使っていくうちに必ずできてしまうものです。

 

羽毛の洗浄の際にある程度はほぐれますが、強く絡まってほぐれない「玉ダウン」は残しておくと上質なダウンを巻き込んで、大きく絡み合う玉ダウンができてしまうので処分します。

 

「玉ダウン」は羽毛布団の温かさの要であるボリュームを奪ってしまう、言わば悪玉菌のような存在です。

 

 

 

診断の結果、I様の羽毛布団はもともと品質の良いダウンでできていました。

しかし20年使ったダウンの傷みは見られる状態でした。

 

ここからお見積もりとご提案を行なっていきます。

 

【ご希望】

シングルの羽毛布団2枚を合わせて、1枚のシングルサイズの羽毛布団を作る

 

⇧シングルの羽毛布団1枚は余裕で作ることができます。

 羽毛が余ってしまうほど。

 もったいないのでダウンケット(薄手の春〜秋に使える羽毛布団)を1枚作りませんか?

 

【ご提案の結果】

シングルサイズの冬用羽毛布団…1枚

春〜秋に使う薄手のダウンケット(薄手の羽毛布団)…1枚

を作ることになりました。

 

冬用羽毛布団のキルト(羽毛の仕切り)には、ダウンが片寄らない東京西川の特許「ソリッドステークキルト」を。

生地には軽くて柔らかな上質生地を選んでいただきました。

 

 

約1ヶ月後…

 

リフォームが仕上がってきました!

※納期は混雑状況によりますが、おおよそ1ヶ月です。

 

(左)400gのダウンケットと(右)1300gの冬用羽毛布団

 

季節に応じて使い分けることのできる、便利な2枚の羽毛布団ができました。

羽毛はスッキリ洗浄され、新しい生地に入り見事に生まれ変わりました!

 

ふっくらと空気を含み、とっても温かそうです。

▲1300gの羽毛が入った冬用羽毛布団

 

▼中の羽毛が片寄らない東京西川の特許キルト「ソリッドステークキルト」を使用しています。

 

 

春〜秋用のダウンケット(薄手の羽毛布団)はこちら。

▼軽い使用感で爽やかに眠れそうです!

400gの羽毛入ったダウンケット

 

亡くなられたご主人が使っていた羽毛布団が、捨てることなく心地よい布団に生まれ変わりました。

ご主人のように優しい温かさで、これからは I様を包んでくれますね。

I様に喜んでいただき、私たちも嬉しいです。

高浜市 I様 の羽毛布団リフォーム まとめ

シングルの羽毛布団2枚から、シングルの羽毛布団1枚とダウンケット1枚にリフォーム

 

価格:

羽毛布団

(羽毛が片寄らないキルト&やわらか軽量の布団生地使用) 

1枚  150,000円(税抜)

 

ダウンケット(薄手の羽毛布団) 1枚 18,000円(税抜)

計 税込181,440円

納期:1ヶ月

 

今回はもともと使っていた羽毛布団の生地と同格の上質な生地を使ったため、少し高額なリフォームになりました。

羽毛布団のリフォームは28,000円(税抜)から行うことができます。

お見積もりだけでも構いませんので、ぜひご相談ください!

 

また、I様はお車が運転できないとのことで、当店のスタッフが送り迎えをさせていただきました。

羽毛布団もご自宅まで配達いたしました。

対応エリアもありますがこちらも合わせてご相談ください。

 

 

 

▼リフォームについてはこちらでも詳しくご案内しています

 

 

 

碧南市のふとん専門店

ぐっすり快眠 FUTON わたひち

【ご利用頂いているお客様の主な地域】

碧南市、高浜市、安城市、西尾市、刈谷市、知立市、半田市、常滑市、岡崎市、名古屋

 

 

有限会社 綿七
〒447-0058 愛知県碧南市住吉町2-56-8
TEL:0120-41-0206
営業時間 am10:00-pm7:00
火曜日定休
  • Facebook
  • twitter
  • 来店予約
  • instagram
Copyright (C) WATAHICHI All Rights Reserved.
PAGE TOP
  • 電話をかける
  • 来店予約